植物道傳説

行く先々で出会った植物類を記していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

主観的「自分にとってのラン科植物類」

ラン科植物類と言うとどうも自分にとって、馴染みの薄い種類と今まで思っていたのですが、このたび文一総合出版から「日本のランハンドブック①低地・低山編」が出版され、認識がすっかり変わりました。

多分にして、ラン科と言うと、意識的にではないにしろ、高貴な感じ、気品の高い感じに思っていた様にも感じます。
それは、ラン科=洋蘭類と言う意識的ではない思い込みから来る物だった様です。

撮影行では山野草類の撮影も長年していますが、ラン科植物類と言う認識が名称に「ラン」の字があっても大変に薄かったと言うことに他なりません。

これは撮影行における種の判別に関して、大変なマイナス要因となります。
植物類は必ずその科によって、独自の特徴があり、科の仲間はほぼその特徴を共通して持っています。
それは形態であるとか、生態であるとか、様々ですが、それを見ることによって、わからない種類に関しては、膨大な植物類のいわば「誰の仲間か」を割り出し、種を判別して行くと言うことがまずあげられます。

科の認識が殆どないと言うことは、その特徴を押さえていないことであって、何となくはわかっていても、結局は理解していないと言うことでもあります。
何よりも重要視しなければならない事柄が置き去りにされていた事を改めて思い知らされました。

では、ラン科植物類とは誰がいるのでしょうか。
おおむね、思い出すとあれも、これもと思い浮かんできますが、今回は慌てず、同書の最初から順番に見ていきたいと思います。
幸いに今回刊行されたのは「低地・低山編」ともあって、うちが撮影行で会っている種類はほぼ収録されているだろうと言う事もあります。

同書をめくっていきますと、お名前すら知らないラン科植物類がずらっと並んでいます。
やっと、14種目にして会った事のある種類が出てきました。


●クマガイソウさん(アツモリソウ亜科アツモリソウ属)です。
今や、絶滅危惧Ⅱ類となっていて、大変に貴重な種類でもあります。
うちが撮影行に行くフィールドでも知っている限り、見られる場所はかなり限られます。
武蔵丘陵森林公園(埼玉県比企郡滑川町)と泉自然公園(千葉県千葉市若葉区)くらいしか思いつきません。
現在、山梨県南都留郡西桂町のクマガイソウ園を新規フィールドとして開拓しようと目論んでいますが、諸事情により未だに果たせていません。

また、季節毎の撮影行撮影優先種に関しても、クマガイソウさんは新規に優先種として入れようとも考えています。

雪国植物園(新潟県長岡市)の案内図にもそのお名前が見えますが、実際に今までに撮影行に言った限りでは確認が出来ていません。



更にページをめくって行きます。
何とお名前すら初めて聞く種類の多いことでしょうか。
種類の多さもありますが、ラン科植物類に殆ど会ったことがない事も痛感されます。



●23ページ目にサギソウさん(チドリソウ亜科サギソウ属)がいました。
サギソウさんもラン科とは全く意識していなかったことでした。
準絶滅危惧種でうちの撮影行フィールドでも滅多に会うことの出来ない種類でもあります。
その場所は唯一、トンボの楽園(長野県伊那市)でした。
この時はハッチョウトンボ君ターゲットで撮影に行っていたのですが、遠くにサギソウさんが1株だけいたのに気がつきました。全くの偶然です。

また、箱根湿性花園(神奈川県南足柄郡箱根町)にもいるはずですが、残念ながら確認出来たことがありません。



●33ページ目にオオバノトンボソウさん(チドリソウ亜科ツレサギソウ属)がいました。
会ったのは、ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)でそれも普段は入れない保護区の中でだけです。

ただ、同書の記述を見ますと「関東では最もふつうに見られるツレサギソウ属の種である」とも書いてあり、うちの行く撮影行フィールドの他の場所でも見られると言うことかも知れません。多分にして全く気がついていないだけの可能性もあり、今後気にしたい種でもあります。



●53ページにはネジバナさん(チドリソウ亜科ネジバナ属)が出てきました。
ネジバナさんがラン科とは全く認識がありませんでした。
うちの撮影行に行くフィールドでも比較的良く見られる種でもあります。



●56ページにはキンランさん(エピデンドルム亜科キンラン属)です。
絶滅危惧Ⅱ類、うちの撮影行フィールドでは意外にもお目にかかる機会の少ない種類です。
一番印象に残っているのは、泉自然公園(千葉県千葉市若葉区)です。自生をしていますが、個体数は数えるほどであったと記憶しています。
ここでは、この自生株を盗掘している現場に出くわした事もあり、その盗掘者に何をやっていると声を掛けたのですが、残念ながら一目散に逃げられ、捕まえる事が出来なかった記憶があります。園内のどこかで見たら、とっ捕まえてやろうと思って、周囲を注意していましたが、それ以後大変に残念ながら、その盗掘者の姿はありませんでした。

しかし、キンランさんを盗掘して自分で育てることが出来ると思っていたのでしょうか。または植木鉢に入れて鑑賞しようとでも思ったのでしょうか。
この種類の生態を全く知らないばかりか、一時の自己満足だけのために盗掘など、全く許せないことでもあります。

その他この種に会った記憶が殆どありませんが、トンボ王国の桶ヶ谷沼(静岡県磐田市)の北東側の斜面にも以前自生をしていたのを確認していますが、数年前から姿が見えなくなっています。



●58ページにはギンランさん(エピデンドルム亜科キンラン属)です。
この種も考えてみると意外とうちの撮影行フィールドでは出会う機会のない種類です。
唯一、意外にも身近で東京港野鳥公園(東京都大田区)の西エリアにいくらかの小群落があります。
他の場所はと言いますと残念ながら、はっきりとした記憶がありません。



●95ページにシランさん(エピデンドルム亜科シラン属)です。
この種は比較的出会う機会の多い種類でもあります。



●99ページにエビネさん(エピデンドルム亜科エビネ属)です。
準絶滅危惧種、うちの撮影行フィールドではどこにでもと言う訳ではありませんが、比較的出会う機会の多い種類です。



●108ページにはシュンランさん(エピデンドルム亜科シュンラン属)です。
うちの行くフォールドでは比較的出会う機会が多い方の種類です。
ただ、確実性を求めるとその殆どが小さな群生であり、季節によって見ることが出来なかったりするする事もあります。

最近では、武蔵丘陵森林公園(埼玉県比企郡滑川町)や野の花自然園・花之江の郷(栃木県栃木市)、赤塚植物園(東京都板橋区)などのフィールドで確認しています。



ざっと同書のページをめくってみた限りでは収録されている95種のうち、会ったことのある種類は9種類にとどまりました。
いかにラン科植物類との出会いが少ないかを痛感するとともに、誤った主観的な考えを含めて、馴染みがない種類と思い込んでいたようにも感じられます。

また、フィールドで実際にはラン科植物類がいるにも関わらず、全く気がついていないと言うことも往々にしてあるのではと思いました。
同書の記述から考えると、うちの撮影行に行くフィールドのどこに誰がいてもおかしくないと感じるからです。

幸いに同書の巻末には各種の写真撮影データが記載されています。
場所(市区町村までですが)と撮影日です。
意外と東京都下部が多いことに驚きます。
この撮影データは撮影行に関して大いに役に立ちそうな、そんな気がします。


今回は同書によって、一番出会う確率の高い、低地・低山のラン科植物類の概要がつかめました。
全てを記憶することは大変に難しいですが、ある程度フィールドでの撮影に活かすとともに、今までに全く気がついていなかった部分にも気がつくと言うことが出来ればと思います。

うちの対象とする種類は野草類ですから、特にイメージとしてあった洋蘭類や園芸種は特に含まれていませんし、積極的に撮影をすると言うこともないと思います。
お山や里に力強く生きるラン類をこれから少しでも多く撮影できたらと感じます。

疑わしい個体はまず撮影、不明種も何も同書をまず見てみようと思います。
ラン科植物類に関しての専門図鑑が殆どない現在の時点では、続刊の「深山・高山編」、「南方島嶼編」も大変に楽しみだが、手持ちに「日本ラン科植物図譜」と言う素晴らしい書もあります。
この「日本ラン科植物図譜」の活用も今後いっそう高まるに違いありません。



参考:2015 文一総合出版「日本のランハンドブック①低地・低山編」










スポンサーサイト
  1. 2015/05/04(月) 16:08:13|
  2. 植物類
  3. | コメント:0

20140614 撮影行 さいたま緑の森博物館

本日の撮影行は埼玉県入間市のさいたま緑の森博物館でした。

名称に博物館とありますが、建物の博物館ではなく、いわゆる、フィールドミュージアムです。
パンフレットを見ますと、「里山をテーマとしたフィールドミュージアム」とあります。
その場所の自然、生きものたちそのものが、いわば博物館の展示物であるとの見方をする方式です。

この場所は、今回初めて行く、新規開拓のフィールドです。
今まで気になっていた場所ではありましたが、なかなか行く機会がありませんでした。

今回は、少し前に仕事関係でこの付近を通った際にこの場所の案内看板があり、近いうちに行ってみようと思い立ったところでした。
ほど近い場所には、野山北・六道山公園の駐車場もありました。
野山北・六道山公園も気になる場所ではある物の、残念ながら未開拓のフィールドですので、こちらも近いうちにと思っています。

さて、今回は撮影行とは言っても、いつもの様に朝から夕方までではなく、午後の少しの時間だけで、その上、急激な雷雨に数回見舞われたためもあって、園内を一通り歩く事が出来ずとなってしまいました。

そんな中で今回の最大のターゲットは、ヒメザゼンソウさんでした。

まずは往路ですが、国道16号から、旧16号に入り、看板を頼りに行きますが、途中でわからなくなってしまいました。
再度、引き返して、看板のある場所から再度道を辿りました。
狭い道を抜けると、いきなり左右に木柵のある泥道、行き止まりって感じに見え、また間違えたかなと思いましたら、この先に駐車場ありの小さな看板が見えましたので、車両1台でギリギリの幅の道を抜けていきました。

すぐ、右手に案内所が見えて、その先の方に駐車場がありました。

来る途中に雷雨模様でしたので、また雷雨にならないうちにと思い、早々に歩き始めました。

まずは案内所の前の園内案内看板を見て、おおよそのまわる順序を考えていました。
その時に、案内所の奥から「こんにちは」と若い女性が歩いて出てきました。
この場所のスタッフの方でした。
うちが案内看板をしばし見ていたからでしょうか、「地図はいりますか」と案内図入りのパンフレットを持ってきてくれました。

それを頂いて、森の中に入っていきました。

このときに感じたことがあります。
その若いスタッフの女性の方は、うちが「あいにくの雨模様ですね。」と言ったら、「2回ほど大雨が来ています。」と。
あとは特にしゃべらなかったと思います。

ここで特に大事で大変に好ましい点は、うちが一眼レフカメラを持っているから、ヒメザゼンソウさんを撮影しにきたのだろうと思って、その場所の説明や案内をするどころか、しなかった事です。
この時期に案内所付近でうろうろしている、カメラを持っている人間がいたとしたら、その撮影対象はヒメザゼンソウさんとほぼ相場が決まっていると思うのですが、それにも関わらずです。
これは大変に良い事だ思います。

良く、カメラを持っているからと何を撮りに来たのか思い込みであれこれと勝手に説明をし始めたり、その種のいる場所を教えてくれたり、更にはうんちくまでと、まあ色々といますが、興味の対象というのは人それぞれ全く違い、またそのレベルも当然に全然違います。
誰もが同じではなく、それこそ十人十色というべきものです。
反対にわざわざあれこれとしゃべったり、説明してくれたりする人(一般、管理者、スタッフを含め)と言うのは、はっきり言うと大変に迷惑です。
自然界の中ではそういった事は最低限で良いのです。
イベントとか、観察会とかになれば、また例外だと思いますが、一般的な来園者には最低限で十分です。
特に管理者やスタッフの方は来園者に何かを聞かれたら、その事に関して親切に教えてくれれば良いのであって、自分から聞いてもいない事をその装備などを見て思い込みで、あれこれしゃべる必要はないのです。

うちの場合は会いたい種類は自分で気が付くと言うことを大前提としており、これは自然に対する場合、そうあるべきとも考えています。
教えてもらってまで会いたい種類を撮影しようなどとは考えません。
人に聞くと言うこともまずしません。

ただ、一通り歩いてみて、なおかつ夕方になっても会いたい種類に出会えなかった時は、自分の見た場所が間違っていなかったのか、また、その現時点での状況などをスタッフの方に確認することはあります。
そかし、こういう時はその後の撮影は不可能な状態の時間であることが多く、次回の参考にと言う程度です。

以上のような点から考えて、今回のこの場所のスタッフの若い女性の方、なかなか出来て、大した物だと思いました。

余計な事が長くなりすぎました。

さて、最大のターゲットである、ヒメザゼンソウさんですが、埼玉県では絶滅危惧種になっており、関東では大変に珍しく、またこの場所の自生地は大変に貴重であると思われます。

実際にうちも初めて会う種類でもあります。

普通のザゼンソウさんは早春の植物類撮影行で優先種としており、山梨県か栃木県、長野県のいずれかのフィールドに必ず毎年行く様にしています。

今回のヒメザゼンソウさんは今までのザゼンソウさんのフィールドでは会ったこともなく、また自生地がどこにあるのかすらも知らなかった種類です。

話を戻して、現地の駐車場から湿地を越えて、散策路をあるきますと、暗い林床の斜面にヒメザゼンソウさんがいました。


20140613_p01.jpg

撮影に関しては、暗い林床で一眼レフでは撮影不可能だったため、コンデジでフラッシュを使用して撮影しました。
何度かに渡る雷雨、土砂降りで埋まっていたりしないかと心配でしたが、何とかお顔が見えました。
これがまた、大変に小さいです。

だから、「ヒメ」なのかも知れませんが、人間の親指程度の大きさしかありません。
普通のザゼンソウさんと比べるとその小ささは大変な驚きでした。

写真のヒメザゼンソウさんのお花の横にある緑色のものは、昨年結実した花序です。

その近くにもう1個体いました。

20140613_p02.jpg

同じくコンデジでフラッシュ使用の撮影です。

見つける事の出来た個体は以上の2個体だけでした。

あとは小さすぎて、落ち葉や野草類などの下や陰で隠れてしまっているのかも知れません。

今回は時間的にも天候的にもヒメザゼンソウさんの撮影をして、終わってしまいましたが、次回は全域を一通りまわってみたいと思っています。
感じからすると、丘陵地で湿地も何か所か擁する森であることからも、その生態系に関してはかなり期待出来そうな感じがします。


また、このヒメザゼンソウさん、6月の撮影行撮影優先種にも追加したいと思います。

帰りに、再度案内所に立ち寄って、パンフレット類をもらい、また「入間市の野鳥Ⅲ」と言う冊子が頒布されていたので、購入してきました。

この際に「入間市の野鳥Ⅳ」が今年ではなく、来年くらいに出るだろうと言う情報も頂きました。
お話はこう言った程度で十分満足です。
ここの場所の方々は自然と言う中で来園者に対して、どう接するべきなのか、様々な点において、なかなか的を得ていると言う感じがしました。






  1. 2014/06/13(金) 22:25:22|
  2. 植物類
  3. | コメント:0

2012年 謹賀新年

2012年、新年おめでとうございます。
旧年は大変にお世話になり、誠にありがとうございました。

本年もよろしくお願い申し上げます。


20120101_p01.jpg


写真は2011年の早春に秩父両神村の節分草園で撮影した、セツブンソウさんです。
この場所には毎年必ず行く様にしていますが、セツブンソウさんもこの場所以外ではうちの行くフィールドでは全く見られない種類です。

それだけに大変に貴重な種類と思いますし、またスプリングエフェメラルとも呼ばれるお花でもあります。

現在では自然破壊による自生地の消滅などから、希少植物となっています。



さて、2011年はまさに様々な事がありました。

この場はなかなか更新も出来ない状態が続いていますが、何とか撮影行には合間合間に行く様にしています。
ただ、画像整理、観察データ整理が殆ど出来ていないために未処理画像がたまる一方の状態でもあります。

現在の未処理画像はゆうに70万枚は超すと思いますが、まとまった時間がないと処理も出来ず、またこの場にもアップすることが難しいところです。

今後どうしていくかは要検討事項でもあります。

また、twitterに関してはそれなりに、そして、更には2011年の終盤にはmixiを稼働させました。

それと同時にHPの改変を始め、各コンテンツにmixiページを設置、またAR道傳説も新設しました。
コンテンツはだいぶ増えましたが、仕事ばかりで、なかなか更新する時間がないというのが現状です。

今後も少しずつではありますが、それぞれにアップしていけるように頑張っていきたく思っております。

あと、蔵書データベースの作成も稼働しましたが、こちらもなかなか進まない状況です。
数千冊にも及ぶ、図鑑、蔵書と文献などを全てリスト化する事で何がどこにあるのかを系統立てて管理することが目的ですが、やはり計画通り、最低3年、余裕を見て5年以上はかかるのかなと言う感じです。

公開はまだかなり先になりそうです。

2011年は個人的にも様々な契機があり、社会的にも様々な事がありました。

全ては継続ですが、更に2011年での事で教訓となる事は確実に今年も活かして行けるようにしていきたい物です。

そして、皆様方にとっても、また全ての自然と生きものたちにとって、良い年でありますように・・・。









  1. 2012/01/01(日) 06:08:52|
  2. 植物類
  3. | コメント:0

2011年 謹賀新年

2011年も無事に明けた様です。

新年おめでとうございます。

旧年中は皆様方には大変にお世話になりまして、誠にありがとうございました。
今年もひとつよろしくお願い申し上げます。


20100527_p001.jpg



写真は昨年の春頃に行った、埼玉県嵐山町の蝶の里公園での撮影です。
フデリンドウさんです。
この種も年を追うごとに個体数が減ってきているような感じがしてなりません。
残念ながら、東京都近郊ではあまり見掛けなくなりました。
この場所でも数年前、昨年と比べると明らかに個体数が減ってきており、大変に心配でもあります。
この場所では散策路の脇の落ち葉のたまった崖地に多くいて、落ち葉に埋もれて探すのに大変に苦労した記憶が蘇ってきます。
中には落ち葉の隙間からかろうじてお顔を出している個体もいたり、力強さを感じる種でもあります。
今年は個体数が減っているようなことのないよう、春先を楽しみに祈りたい物です。


さて、昨年は仕事のローテーションの関係もあり、当初に計画していた計画が殆ど実行できなくなり、フィールドへ行く事も難しい状態となってしまいました。
その上に仕事ばかりで何も出来ないと言う日々が続いたり、連続勤務も多くあり、ブログや掲示板の更新は全く出来なかったと言う事は既にご覧いただいている通りです。

また、twitterなるものも始めて、140文字の気軽な文章で済むところから、手軽なそちらへと傾いてしまったことも否めません。

未だに整理をしていない、在庫写真はまだ20万枚以上残っています。
その中の殆どは昆虫類の写真でありますが、まとまった時間がないと整理できない状況です。
この在庫写真に関してはどうするか、これから考えていきたいと思います。

今年はどうするか、具体的な目標などの策定はまだしていませんが、少なくともtwitterはそこそこに、また掲示板やブログ関係に関しては少しずつでもアップ、更新して行けたらと考えています。

具体的な目標策定には仕事がどのようになるかによってもかなり変わってきますから、もう少し先に考えたいと思っています。

何はともあれ、全てはかけがえのない自然のために、共に生きる生きものたちのために全身全霊を傾けて行く事には引き続き今年も全く変わりがありませんし、それを根本として、行動、活動をして行きたいと思います。


今年も重ね重ね、ひとつよろしくお願い申し上げます。








  1. 2011/01/01(土) 12:30:49|
  2. 植物類
  3. | コメント:0

謹賀新年

20100101_p001.jpg


新年おめでとうございます。

旧年中、皆様方には公私共々、様々に大変にお世話になりました。
今年もひとつ、よろしくお願い申し上げます。

年末の2日間は毎年の決まり事ですが、全てのブログ、掲示板の記事のバックアップをしておりました。
バックアップをしながら、それぞれに頂きましたコメントなどを読み返しておりましたら、中には大変に懐かしいコメントもあり、またこんな事もあったなとか、そう言えば、などと記事とあわせて様々に思い起こされてきました。

これもご覧いただき、またコメントを頂く、皆様方のお陰であり、改めて大変に感謝の思いです。


昨年は昆虫類に専念したこともあり、同時に植物類にも多く目が行くようになった年でもありました。
ただ、昆虫類と同じく、植物類もその殆どは未知の世界でもあったために、大変に多くの初めての種類に会うことは出来ましたが、一方では不明種も大変に多く残ったと言う結果にもなりました。

昆虫類と並行して、植物類に関しても様々な図鑑や文献などを購入しては時折眺めたり、調べたり、様々に使用をしておりますが、やはり、「百聞は一見にしかず」とも申します通り、実物を見る事、これが一番だと痛感したことでもありました。

やはり、2009年の在庫写真は昆虫類と同じく、大変に多く残っている状態ですが、こちらも掲載するか否かは別として、何らかの形にして残す事が出来るように整理をしていきたいと思っています。

また、行くところの目標に関してですが、昨年は箱根湿生花園に10回行くことを目標とし、様々な種類をまず実物で見ていくことに重きを置きました。
この目標は何とかクリアーできましたが、もう少し回数を増やさないと多くの種類を見ることが出来ないと言うことが今現在思っているところです。

今年は同じく目標として、箱根湿生花園に10回、期間限定1ヶ月開園の城山かたくりの里に2回、その他小石川植物園、国立科学博物館附属自然教育園、国立科学博物館つくば実験園、日光植物園などを含め、行ったことのないところにも足を伸ばしてみたいと思っています。

【添付写真】はハキダメギクさんです。
とんでもないお名前を付けられてしまった種類ですが、ひっそりと力強く生きている姿が大変に素晴らしく思われ、好きなお花の1つでもあります。








  1. 2010/01/01(金) 09:30:53|
  2. 植物類
  3. | コメント:6
次のページ

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
植物類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。