植物道傳説

行く先々で出会った植物類を記していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長池公園 (4月中旬編 ・ その1)

今回は長池公園の4月中旬編のその1です。

この時期は、昆虫類に関してもこれからと言う感じの時期でしたが、植物類に関しても同じ様な感じであったと思います。

ただ、初春のこれからと言う様子の中にも多くのお花が咲いていました。

当日はおおむね晴れ模様でしたが、森林内では日の差さない場所も多く、高感度による撮影も多くあります。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ + Sigma APO Macro 150mm EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20090530_p01.jpg


ガマズミさんが咲き始めていました。
いつもですと、真上から撮るのですが、今回はちょっと視点を変えて、真横から葉っぱと一緒に撮ってみました。


20090530_p05.jpg


キランソウさんです。
ここでは個体数は少ないものの、数ヶ所で見られました。


20090530_p04.jpg


ムラサキケマンさんです。
園内の至る所で見られました。


20090530_p03.jpg


ヤマボウシさんが咲き始めていました。
ただ、この個体は良く見ますと、アメリカヤマボウシさんと言う感じの特徴を呈しています。
開花時期に関してもヤマボウシさんよりも1ヶ月ほど早い様です。


20090530_p02.jpg


カラスノエンドウさんです。


20090530_p09.jpg


チガヤさんです。
姿池のほとりには大変に多くの個体がいました。


20090530_p08.jpg


ウラジロチチコグサさんです。
久し振りに会ったような気がします。


20090530_p07.jpg


スミレさんですが、こちらもまた良くわからない状態です。
スミレサイシンさんと思われますが、引き続き調べて行きたいと思います。

その1はこのあたりですが、その2に続きます。
スミレさんにいたっては4~5種類ほどいるようですが、そのどの種類も調べてみないとわからない状況です。







スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 14:58:32|
  2. 植物類
  3. | コメント:4

蝶の里公園 (4月初旬編 ・ その2)

今回は蝶の里公園の4月初旬編、その2です。

前置きはその1と重複しますので、割愛させて頂きます。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ + Sigma APO Macro 150mm EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20090501_p12.jpg


カキドオシさんです。
園内の至る所で、そのお顔が見えました。


20090501_p13.jpg


カントウタンポポさんです。
この場所ではその外片の状態もある程度見て行きましたが、反り返っていないものが多く、その殆どはカントウタンポポさんであるかのようでした。


20090501_p14.jpg


スミレさんですが、今のところ該当する種類が見付からない状況です。
葉っぱの形もかろうじて写っている写真もあるのですが・・・。

2009年5月22日追記
hitakijoさんからお教えを頂きました。
スミレさんの外来種でビオラ・ソロリア(学名)プリケアナさんでした。
いつもの事ながら、hitakijoさんにはこの場を借りて、御礼申し上げます。



20090501_p15.jpg


イヌガラシさんです。
湿地帯にいくらかいました。


20090501_p16.jpg


ムラサキハナナさんです。
ハナダイコンさんとも言いますでしょうか、ここでは一部の場所でいくらかの個体数しか見られませんでした。


20090501_p17.jpg


ホトケノザさんです。
ここでは園内には殆どいません。
このホトケノザさんは公園の中央に通る道に咲いていたところを撮影しました。


20090501_p18.jpg


大変に気になっているのですが、全く不明の状態のお花です。
どちらかと言いますと川に近い場所にいくらかの群生を作って咲いていました。

2009年5月22日追記
こちらもhitakijoさんからお教えを頂きました。
イラクサ科でカテンソウさんとのことです。
全く初めて聞くお名前でした。
雌雄同株で写っているのは雄花の様です。
ここにいつもの事ながら、hitakijoさんに御礼申し上げます。



20090501_p19.jpg


スイバさんです。
ここではギシギシさんと並んで、至る所で多く見られます。


20090501_p20.jpg


スズメノヤリさんです。
所々で見掛けるのですが、あまり目立たなく、良く見ていないと見逃してしまいそうな種類です。


20090501_p21.jpg


ムラサキケマンさんです。


この場所の4月初旬編は以上ですが、不明種に関しては引き続き調べて行きたいと思います。
また、掲載していない写真でも不明種は多くありますので、その方もこの後に行った時に撮った写真と合わせて調べて行きたいと思います。








  1. 2009/05/18(月) 05:33:36|
  2. 植物類
  3. | コメント:6

蝶の里公園 (4月初旬編 ・ その1)

今回は蝶の里公園の4月初旬編のその1です。

当日はお天気は良かったのですが、強風模様で、撮影には今一歩適さない1日でもありました。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ + Sigma APO Macro 150mm EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。

掲載枚数が20枚ほどありますので、2回に分けて掲載をします。

全体的には一般的な種類しか撮影できませんでしたが、これもうちにとっては重要なことだと考えています。

その中でもヒメオドリコソウさんとオオイヌノフグリさんがどこでも大変に目立って咲いていた事も大変に印象的でもありました。


20090501_p01.jpg


ユキヤナギさんです。
この季節のユキヤナギさん、この日は風になびいていて、大変に目立ち、また大変にきれいでもあります。


20090501_p02.jpg


まだ、この時期では赤系統のお花が少ない中、このボケさんは大変に目立ちます。


20090501_p03.jpg


アセビさんです。


20090501_p04.jpg


ハコベさんです。
ヒメオドリコソウさんやオオイヌノフグリさんがいる合間合間にお顔を出していました。


20090501_p05.jpg


タネツケバナさんです。

少し前にタネツケバナさんとミチタネツケバナさんとの違いについて、実物を見ながらお教えを頂いたことが思い出されるところですが、この個体はタネツケバナさんで良い様です。


20090501_p06.jpg


タチツボスミレさんです。
至る所、特に散策路の斜面に多く咲いていました。


20090501_p07.jpg


キランソウさんです。
気が付かなかっただけかも知れませんが、ここでは園内で1ヶ所でしか見る事が出来ませんでした。


20090501_p08.jpg


ツクシさんです。


20090501_p09.jpg


今回の主役、ヒメオドリコソウさんです。
園内全域に多く咲いていました。


20090501_p10.jpg


ヒメオドリコソウさんたちです。


20090501_p11.jpg


そして、もう一方の主役、オオイヌノフグリさんです。


その1はこのあたりですが、全体的に春の草木はこれからと言う感じの状況でした。

その2に続きます。
  1. 2009/05/02(土) 19:57:28|
  2. 植物類
  3. | コメント:6

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
植物類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。