植物道傳説

行く先々で出会った植物類を記していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱根湿生花園 (その1)

今回は初めて行った、箱根湿生花園です。

当日は天気予報通りで晴れたり、曇ったりのお天気模様でした。

また、お山の中ともあるのか、平地とは開花状況も幾分違うようで、もう少し後に行った方が良かったのかなとも思われましたが、気になっていた、ザゼンソウさんは少し遅かったようでしたので、何度となく足を運ぶと言う事が一番のようです。

ここに関しては約1300種の種類がいるようですので、その季節ごとにこれから定期的に足を運ぶとともに、植物類だけではなく、昆虫類にも期待したいと思っています。

掲載する枚数が50枚近くありますので、何回かに分けて掲載したいと思います。

撮影は CANON EOS 1D MarkⅢ + Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用で手持ちによる撮影です。


20090325_p10.jpg


カタクリさんです。

こちらも気になっていた種類の一つではありましたが、林間に多くいました。

毎年殿ヶ谷戸庭園に行って撮影をしていましたが、こちらの方が株数も桁違いに多くいます。

ただ、全体的にうつむき加減でまたそっぽを向いているお花ばかりで、なかなか撮影に適する個体がいませんでした。

実際の所それだからまた良いのかも知れませんが・・・。


20090325_p09.jpg

20090325_p08.jpg


カタクリさんにも色々と表情があるようでしたので、その中から3枚掲載してみました。


20090325_p01.jpg


ベニバナミツマタさんです。


20090325_p02.jpg


トサミズキさんです。

少し早かったようです。


20090325_p03.jpg


普通のオキナグサさんが全くまだのようでしたので、こちらはセイヨウオキナグサさんです。


20090325_p06.jpg


フキさんです。

フキさんは雄花と雌花とあるようですが、こちらは雌花の様でしょうか。


20090325_p07.jpg


こちらは普通のミツマタさんです。


20090325_p24.jpg


ウグイスカグラさん、これからの様です。


20090325_p25.jpg


咲いているお花は全体の半分くらいと言う所でした。

思いの外に小さなお花、そしてうつむき加減で難しいです。


今回のその1はこのあたりですが、その殆どが初めて会う種類でした。

その2に続きます。
  1. 2009/03/25(水) 18:47:00|
  2. 植物類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<箱根湿生花園 (その2) | ホーム | 長池公園(11月中旬編・その1)>>

コメント

こんにちは。
早速掲載されましたね。
どれも素晴らしい画像ですね。
・トップのカタクリ、楚々として良いですね。
・トサミズキは鳥類園でも満開でした。
・オキナグサの開花は、やはり4月中旬頃でしょうね。
・フキの雌株の雌花、良いですね。雄株の雄花は花粉のため黄色くなっているので区別つきます。
・ウグイスカグラ、良いですね。明治神宮では毎年2月下旬に咲き出します。やはりそちらは開花が平地よりは1ヶ月くらいは遅いようですね。
  1. 2009/04/04(土) 19:54:36 |
  2. URL |
  3. hitakijo #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

箱根湿生花園、1200種もの植物があるんですか。
すごいですね。是非行ってみたいです。

 カタクリ。自分も先日撮りに行ってきました。気温が
上がると花びらがめくれ上がるようですね。その具合も
それぞれ個性があるようで花それぞれに形が違って
面白いです。

 ウグイスカズラ。小さい花なのに下を向いてたりして
なかなか撮りにくい花ですがきれいに撮られてますね。
見過ごしてしまいそうな花ですがかわいいですよね。
  1. 2009/04/04(土) 19:56:14 |
  2. URL |
  3. kurabar #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、いつもながらにお忙しい中、それぞれのブログにまでコメントをも頂き、改めて誠にありがとうございます。

そしてお言葉も大変に恐縮です。

何度となくここには行こうと思っていましたが、時間がなかなか取れなかったり、お天気のあんばいもあり、ようやく行く事が出来たという所でした。

広さ的にはこじんまりとしていて、また入園料が少し高く付きますが、これからも定期的に行きたいと思う場所になりました。

カタクリさん、この季節は特に気になる種類で、必ずどこかに撮りに行くようにしています。
今回はこの場所の林間に多く咲いていましたので、その目的は達せられたのですが、全体的にうつむき加減であちこちを向いており、また散策路から見るとそっぽを向いている個体ばかりで、撮影には少し手間取りました。

そう言った所が、また良いのかと思いますが、光の向きなどの関係もあって、大変に難しい種類である事を改めて感じました。

トサミズキさん、鳥類園では満開模様のようですね。
ここではもう少ししてからと言う感じでした。

オキナグサさん、調べてみますとおっしゃる通り、4月中旬以降の様です。
こちらはちょっと早かったかなと言う感じでした。

フキさん、色々な所に点在して咲いているのですが、この雄花、雌花を知ったのは帰ってきて調べてからでした。
写真としては何枚もそれぞれに撮影しているのですが、探してみても雌花ばかりで雄花が見当たりませんでした。
雄花がいないと言うわけではないかと思いますから今度はその双方を撮影したいと思いました。

ウグイスカグラさん、平地での開花は確かに色々と見ていますと早い様ですね。
明治神宮でも2月の下旬頃から開花すると言う事は、ここでの開花はかなり遅れていると言う感じですね。

やはり、平地とお山では気候もかなり違うでしょうから、その分遅れているようですね。

その他ではコブシさんの種類などもまだまだこれからと言う感じでした。

あとは今回の目的の一つであった、シュンランさんが見当たらなかったのが気になっている事です。
  1. 2009/04/04(土) 19:57:28 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、こちらのブログもご覧いただき、コメントをも頂きまして、改めて、誠にありがとうございます。

この場所は今まで何度となく行こうと思っていた場所ですが、今回ようやく行く事が出来たと言う所でした。

種類数に関しては、3月20日の開園から11月の冬期閉園までの通期にわたる種類数ですので、頻繁に足を運んでいないと全てを見る事は難しそうです。

箱根町の公式ホームページには「低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、草原や林、高山植物1100種が集められ、その他、珍しい外国の山草も含め、約1700種の植物が四季折々に花を咲かせています。」とあります。

広さ的にはこじんまりとした場所でその反面では入園料が少し高く付きますが、それでも定期的に行って見たいと思う場所になりました。

これから、冬期閉園の11月まで定期的に行ってみたいと思っています。

カタクリさん、いつもこの季節には気になる種類で、毎年どこかに撮りに行くようにしています。
今回はここでの林間で多く咲いていましたので、撮影する事が出来ました。

光の向き、加減、そして全体的に散策路から見るとその殆どがそっぽを向いていて、うつむき加減と改めて難しい種類であると感じました。

どうも17度以上の気温になると花びらがめくれ上がると言うような事ですが、それも単一の事ではなく、それぞれの個体ごとの個性もあるのでしょうか、その表情も様々ですね。

ウグイスカグラさん、こちらは最近知ったばかりで撮ってみたいと思う1種でした。
たまたまここにいたので、運が良かったのですが、確かに大変に小さなお花でそれもうつむき加減、枝とあまり変わらない色合いで、本当に普通に見ていたら、見過ごしてしまいそうな感じですね。

今回はたまたま目に付きましたので、良かったのですが、結構見落としている、見過ごしている種類も多くいそうです。

そのためもあって、今回は一回りで済ませることなく、3回くらいまわり、見落としている、見過ごしている種類がないかを気をつけながらまわりました。

やはり、1回目で見落としている、2回目でも見落としている種類は少なからずありました。

広い場所ではそうは行きませんが、ここくらいの場所でしたら、一回り、ゆっくり歩いても1時間程度ですから、何回かまわる事は十分に可能である事も利点の一つでしょうか。
  1. 2009/04/04(土) 19:58:30 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

箱根湿生花園に行かれたのですね。
あそこはたくさんの種類の花が見られるでしょうね。そして虫さんたちも。
カタクリ、花弁が反り返って美しいです。
確かにたくさんある中からどれを選ぶか、難しいところですね。
ミツマタはベニバナの方ですね。
これも魅せられますね。
トウモロコシ色のミツマタ、もう花は大方咲いているようですね。
全部咲くと春になったしるしだそうです。
オキナグサ、向島百花園で花をつけていました。
ウグイスカグラ、さすがにぴしりと撮っておられますね。
  1. 2009/04/04(土) 20:00:23 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、こちらの記事をもご覧いただき、コメントまでも頂きまして、重ねて誠にありがとうございます。

さて、箱根湿生花園ですが、初めて行ってきました。
実は行きたいと思い始めたのは今シーズンになってからで、それまでは存在する事は知っていても特に気にする事もない場所でした。

今回行って感じた事は、その植物類が通期にわたって、数多く見る事が出来る事。
そして、お山の上と言う事で、平地とは多少開花時期がずれており、平地で機を逸しても、まだ機会が期待できる事。
あとは、それに伴って、多くの昆虫類も期待できそうな事。

この3点という所でしょうか。

行くのには山道走行、そして、広さ的にはこじんまりとした感じ、入園料がちょっと高く付くかなと言う感じもしないでもありませんが、行っただけの価値的なものは十分にあると思いました。

カタクリさん、今までで一番多く、桁違いの株数が咲いていました。
ただ、光の関係、うつむき加減、そして、そっぽを向いている個体が多く、撮影は難しいと思いました。

おおむね、3月終わりくらいまでがカタクリさんの季節かと思いますので、それまでにもう1回くらいはどこかに撮影に行きたいと思っています。

ミツマタさんはベニバナと普通と2種類いました。
ベニバナの方は初めてでしたが、色合いがきつく感じそうで、それほど違和感を感じなかったのが不思議でした。

普通のミツマタさん、咲き切ると「春」との事ですね。
と言う事はあとちょっとと言う所でしょうか。

オキナグサさん、全くでしたので、写真の個体はセイヨウオキナグサさんです。

向島百花園ではもうそろそろでしょうか。
この場所は5月から6月くらいには頻繁に行くようになります。
それまでのお楽しみですが、オキナグサさん、ちょっと気になります。

ウグイスカグラさん、見過ごすところでしたが、水辺に咲いていました。
枝とお花がほぼ同じような色合いで、お花は小さく、枝にも隠れ気味で、見逃してしまうところでした。

お言葉も大変に恐縮です。
地面に座り込んで、しばしの間、真上を向いて首が痛くなりましたが、十分にその甲斐がありました。
  1. 2009/04/04(土) 20:01:35 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plant88.blog16.fc2.com/tb.php/12-90caa5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
植物類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。