植物道傳説

行く先々で出会った植物類を記していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱根湿生花園 (その2)

今回は箱根湿生花園のその2です。

前置きはその1と重なりますので、割愛させて頂きます。

機材は EOS 1D MarkⅢ + Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用で手持ちによる撮影です。


20090325_p47.jpg


今回の主な目的の一つでした。

ミズバショウさんです。

かれこれ、15年前くらいに尾瀬湿原に行った時以来になるかと思います。


20090325_p44.jpg

20090325_p19.jpg


ミズバショウさんも色々な表情の個体がいますが、見ているとまさに全てそれぞれに違います。

まだまだ色々な表情のミズバショウさんがいました。


20090325_p11.jpg


キクザキイチゲさんです。

こちらは初めて会う種類でしたが、その近くにはアズマイチゲさんらしき(未確認)も咲いていました。


20090325_p17.jpg


撮った時は別種だと思っていたようですが、やはり、キクザキイチゲさんです。


20090325_p12.jpg


ニリンソウさんです。

お花は2輪ありませんが、同じ茎から2輪のお花は開花時期がずれる事もあるようです。


20090325_p13.jpg


リュウキンカさんです。

ここにはエゾノリュウキンカさんもいるようですが、この日は見掛けませんでした。

葉っぱの形状で区別できるかと思われます。


20090325_p14.jpg


葉っぱが隠れていて、見えないのが残念です。

撮影場所からではこの角度でしか撮影できませんでした。

茎が直立せずに這っているような感じから、エンコウソウさんかと思われます。


20090325_p16.jpg


ニリンソウさんの群生です。


20090325_p22.jpg


ナニワズさんです。

こちらも全く初めて聞くお名前で初めて会う種類でした。



その2はこのくらいですが、結構迷う種類が多くありました。

ただ、今回は物理的に撮れる場合は出来る限り全体像、葉っぱの部分、そしてお花とセットで撮るようにしましたので、調べるのには助かった部分が多くあります。

その3に続きます。
  1. 2009/03/31(火) 18:54:34|
  2. 植物類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<箱根湿生花園 (その3) | ホーム | 箱根湿生花園 (その1)>>

コメント

同じカタクリが咲く地ですがミズバショウはかたくりの里にはありません
でした。こちらでは咲いているんですね。

 ナニワズ、自分も聞いたことが無いので調べてみたところ、先日自分の
ブログに載せたオニシバリの派生のようですね。オニシバリも時間が経つと
ナニワズのように花が黄色くなるようでかなり似ています。
  1. 2009/04/04(土) 20:03:46 |
  2. URL |
  3. kurabar #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
早春の花々、良いですね。
もう水芭蕉やリュウキンカが咲いているんですね。
・キクザキイチゲ、良いですね。
葛西臨海公園・鳥類園に行くことが多くなり、ここ数年で会っていません。
・ナニワズ、良いですね。野生のものを見てみたいのですがなかなか機会がありません。
  1. 2009/04/04(土) 20:05:05 |
  2. URL |
  3. hitakijo #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

ミズバショウ、清楚な花ですよね。
大町自然観察園にもいくつか花が見られます。
キクザキイチゲ、素敵な花ですよね。
こうしたところでないとなかなか見られない貴重な花ですね。
ニリンソウの季節になってきました。
こんもりと茂った緑の山から白い小人さんたちが出てきて踊っているような雰囲気です。
  1. 2009/04/04(土) 20:09:35 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ミズバショウさん、確かにかたくりの里にはいませんね。
カタクリさんはどちらにもいますが、ミズバショウさんは湿地性の種類ですから、湿地のないお山の中では難しいのかも知れません。

ナニワズさん、確かに先日掲載された、オニシバリさんに大変によく似ていますね。
うちもそう思って、その違いを調べてみましたが、大変によく似ているようです。

ただ、オニシバリさんはお花が黄色くなっても、花弁が尖っており、ナニワズさんは花弁が丸みを帯びていると言う記述を見付けました。

そうなると、この個体は花弁が尖っていますので、オニシバリさんと言う事になってきそうですが、このあたりが難しいところです。

時間が経って、お花の黄色くなったオニシバリさんはナニワズさんとの区別が大変に難しく、通り一遍では行かないようです。

このあたりは、時間のあるときに更に調べるとともに、また今度行ったときに現地で確認するか、聞いてみようとも思っています。
  1. 2009/04/04(土) 20:10:41 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お忙しい中、いつもながら、それぞれにコメントを頂き、誠にありがとうございます。

ミズバショウさん、ここでは満開模様でした。
早春だけのお花ですから、これからも毎年時期を逃すことなく、撮り続けていきたいものと思っています。

また、リュウキンカさんも満開模様でした。
ただ、エゾノリュウキンカさんもいるはずなのですが、良くわかりませんでした。
葉っぱの鋸模様で見分けるようですが、もしかしたら個体差もあり、見逃していたかも知れません。

これに関しては今月の中旬にでもまた行く予定にしていますので、見逃さないように注意したいと思います。

キクザキイチゲさん、初めてでしたが、大変に地味な感じのするお花です。
鳥類園にはいないのですね。
ただ、鳥類園とここでは、その環境が全く違いますから、見られる種類も大きく違ってくるかと思われます。

ナニワズさん、先のコメントでも頂いておりますが、よくよく調べてみますとオニシバリさんと大変によく似ているようです。

これはどちらかと言いますと林間部に咲いていました。
こちらも初めてでしたので、時間のあるときにオニシバリさんとの違いについてもよく調べておきたいと思います。
  1. 2009/04/04(土) 20:11:36 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、こちらのブログもご覧いただき、お忙しい中、コメントをまでも頂き、誠にありがとうございます。

さて、ミズバショウさん、今回の主な目的の一つでした。
もうだいぶ会っていませんでしたから、楽しみにしていました。

大変に地味という感じが強くするのですが、また大変に賑やかと言う感じもしてくる種類です。

そして、それぞれ全く違った表情をしているのもまた面白いところで、全く見飽きる事がないのも素晴らしい事です。

大町自然観察園にもいるんですね。
これは知らなかった事ですが、まだ行った事がないだけに近いうちに行って見たいところでもあります。

キクザキイチゲさん、大変におしとやかな感じのしてくる種類です。
こちらも初めてでしたので、その生息域などは良くわからないのですが、平地ではなかなか見られない様でしょうか。
そうなると大変に貴重でもありますね。

そう言えば、最近2日連続で行った、かたくりの里にもキクザキイチゲさん、多く咲いていました。

ニリンソウさん、こちらも大変に興味深いお花です。
公園などで見掛ける事はありますが、やはりそのスケールが違いますね。
また、そのご表現もいつも思う事ですが、素晴らしいですね。
ニリンソウさん、これから更に満開の季節になってくるかと思いますが、大変に楽しみでもあります。

そして、イチリンソウさんももう少しですね。
こちらはこの日には全くでしたが、楽しみです。
  1. 2009/04/04(土) 20:12:47 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://plant88.blog16.fc2.com/tb.php/13-91b34ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
植物類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。