植物道傳説

行く先々で出会った植物類を記していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱根湿生花園 (その4)

今回は箱根湿生花園のその4です。

前置きはその1と重複しますので、割愛させて頂きます。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ + Sigma APO Macro 150mm EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20090325_p32.jpg


ショウジョウバカマさんです。
こちらも初めてでしたが、暗い場所だったために高感度での撮影です。


20090325_p31.jpg


レンゲツツジさんです。
まだまだこれからの様です。



20090325_p33.jpg


アセビさんです。


20090325_p35.jpg


ミヤマカンスゲさんです。
どうもお花は終わってしまったようでもありますが・・・。


20090325_p36.jpg


シモツケさんの様です。
いつも見る姿とは全く違います。


20090325_p42.jpg


こちらはハマナスさんの様ですが、まだまだこれからのようです。


20090325_p40.jpg


ノウルシさん、まだまだこれからです。

*今現在ではお花が咲きつつある状態でした。


20090325_p39.jpg


シデコブシさんもこれからの様でした。

*今現在では満開模様の状態でした。


20090325_p37.jpg


キジムシロさんです。
この時は咲き始めの状態でした。

*今現在ではほぼ満開模様になっています。


その4は以上で、今現在とは状況の違う点もありますが、違う場合は*で追記しておきました。
あとは、外国産の山野草類も多く撮影しましたが、掲載しているとかなりの枚数になりますので、今回は省略します。

これから更に様々な種類が開花してくる季節ですので、見逃す事のないように見て行きたいと思っています。
  1. 2009/04/08(水) 22:59:44|
  2. 植物類
  3. | コメント:4
<<蝶の里公園 (4月初旬編 ・ その1) | ホーム | 箱根湿生花園 (その3)>>

コメント

 箱根にもショウジョウバカマが生えているんですね。神代植物公園
などでも見ることができますが、やはり自然のものは趣が
違いますね。

 今回はつぼみの写真が多いですね。いよいよ春、という感じ
ですね。
  1. 2009/04/09(木) 00:25:23 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集 ]

いい色出ていますね

こうした暗いところでしかも手持ちだとつらいですね。
しべがきれいに撮れているとことはさすがによしの88さんならではです。
アセビもこうした上からのアングル、あまり撮らないので面白いです。
左右にきちんと並んでいるのがよく分かります。
これがシモツケですか。ぶっきらぼうな中に決意のようなきりりとしたものを感じます。
ノウルシ、先日花を見てきました。この子たちは愛らしいですね。
シデコブシ、こんな鮮やかな色をしているのですね。
花が開くと淡くなってしまいますが。
キジムシロ、この花には虫がたくさんきていますね。
ちいさなものから図体のでかいのまで。
ちいさな花でも人気があるようです。
この黄、美しいです。私はどうも黄は苦手です。
  1. 2009/04/09(木) 22:16:27 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集 ]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

ショウジョウバカマさん、神代植物公園にもいるんですね。
ここのところ、神代植物公園にはなかなか行く機会がなく、その状況もHPなどで見てはいるものの、やはりいつでも行けると言う気持ちがあるのでしょうか、どうしても後回しになってしまいます。

神代植物公園にショウジョウバカマさんがいるのは初めて知りました。

どちらかと言いますとこの場所で見られる種類は平地ではあまり見られない種類ではないかと言う感じがするのですが、実際には平地で見られる種類も多くいるようでもありますね。

ここのショウジョウバカマさんは林床にいるために大変に暗く、また撮影のしにくい場所です。

そのために高感度撮影を余儀なくされ、画像的には今一歩となってしまいました。

城山かたくりの里では明るい場所にもいましたので、そちらのほうは良かったのですが・・・。

そして、木本系ですが、いつも見る姿とは全く違った表情が見られました。

これから、それぞれにますます楽しみでもあります。
  1. 2009/04/13(月) 23:57:35 |
  2. URL |
  3. よしの88 #-
  4. [ 編集 ]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

そして、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

ショウジョウバカマさん、林床にかたまっていましたので、暗く光の差さない場所でした。
そのために高感度撮影を余儀なくされ、この様な画像になってしまいましたが、何とか撮れていましたので、良かったです。

特に暗い場所で更にお花がうつむき加減ですと大変に難しいところがある様に思います。

アセビさん、どう切り取るか、いつも迷うのですが、結局は何となく直感的に撮ってしまっています。

今回は横方向から並んだ感じで撮ろうと思っていたのですが、光の方向、またその状況などからどうも今一歩でしたので、何となく撮った、この写真を掲載する事にしました。

あまり深く考えるよりも何となく撮る方が結果的に良い事もあるようです。

シモツケさん、普段見る姿とは全く違いました。
お花の咲いている姿しか見た事がありませんが、こう言った姿も違った趣があります。
おっしゃる通り、これからが大変に楽しみな姿です。

ノウルシさん、この時はこれからと言う感じでしたが、先日行ったときには開花し始めていました。

実際は初めて会う種類でしたが、意外と小さいのに驚きました。

全く違ったイメージを持っていたのですが、今回そのイメージが大きく変わりました。
どちらかと言うと形態は違いますが、タカトウダイさんの様な、変わった感じのお花が良いですね。

シデコブシさん、この時はこの様な感じのばかりで咲いていると言うのはほんの1つ、2つだったと思います。

確かに先日撮った開花写真を見ましたら、蕾では色が濃いですが、開花した色合いは殆ど白に近くなっていました。

キジムシロさん、初めてでしたが、先日は満開模様でした。

やはり確かに多くの昆虫類が先日は来ていました。

大きめの種類はその日はいなかったのですが、特に目立ったのは、ビロウドツリアブ君やハナアブ君の種類など、またミツバチ君たちでした。

チョウ類は残念ながら、まだのようでした。

黄色はなかなか難しいですね。
ただ、この季節は黄色が結構多いですし、また撮る機会も必然的に多くなって来ますから、避ける事が出来ません。

うちはどの色合いもそれなりに苦手ですので、いつも撮る前に考えてしまいますが、やはり考えているよりも直感的に撮ってしまった方が良いようでもあります。
  1. 2009/04/14(火) 01:02:24 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
植物類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。