植物道傳説

行く先々で出会った植物類を記していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蝶の里公園 (4月中旬編・1日目のうちその1)

今回は蝶の里公園、4月中旬編の1日目のその1です。

この蝶の里公園には今シーズンですでに14回足を運んでいますが、画像整理、不明種調べが進まず、今回ようやく今シーズン2回目に行った分が整理できましたので、ここにアップするものです。

当日はおおむね晴れ模様でしたが、少し風の強い1日でもありました。
掲載枚数が20枚以上ありますので、2回に分けて掲載しようと思います。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20090802_p01.jpg


この季節の主役はカントウタンポポさんでした。
園内の全域でほぼ満開模様でした。


20090802_p02.jpg


タンポポさんと並んで目立ったのは、オオイヌノフグリさんでした。
カキドオシさん、ヒメオドリコソウさんと並んで、満開模様でした。


20090802_p05.jpg


湿地部分でタネツケバナさんです。


20090802_p04.jpg


ヤエヤマブキさんです。
特に駐車場付近に多く咲いていて、ここではいつも一番最初に目にするお花です。


20090802_p03.jpg


スイバさんです。
ここでは園内全域で良く見られます。


20090802_p08.jpg


オニタビラコさんです。
見たことはあるのかと思うのですが、実際に意識して撮影したのは初めてのような気がしますので、初めて会う種類となるのかも知れません。


20090802_p07.jpg


スズメノヤリさんです。
かなりお花が咲いてきました。


20090802_p06.jpg


こちらもちょっと迷ったのですが、クサイチゴさんの様です。
やはり意識して撮ったのは初めての種類です。


20090802_p10.jpg


ボケさんのお花がこの時期は大変に目立っていました。


20090802_p09.jpg


こちらに関しては写真では葉っぱが写っていませんが、別に葉っぱの写真も撮ってありました。
葉っぱが丸くて短い形状でしたので、ジシバリさんと言う事になります。
結構背が高かったように記憶していますので、危うく間違えるところでした。


20090802_p11.jpg


キツネノボタンさんです。
湿地部分に咲いていました。


20090802_p15.jpg


シジミバナさんです。
いつもお世話になっている方のブログで見たことがあり、すぐにそれと気が付きました。
初めて会う種類になります。

1日目のその1はこのあたりですが、次回はその2に続きます。







  1. 2009/08/02(日) 18:21:09|
  2. 植物類
  3. | コメント:6
<<蝶の里公園 (4月中旬編・1日目のうちその2) | ホーム | 長池公園 (4月中旬編 ・ その2)>>

コメント

こんばんは

春の花良いですね。
気分が爽やかになります。

裏の公園、野草が刈られて残念です。
今日の朝の散歩でアジサイが1輪「走り咲き」していました。その植え込みの下に草刈りを免れたハマスゲがさいていました。
  1. 2009/08/02(日) 20:19:04 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
自然界の生きもの全般の撮影、そして個々のblog掲載されていることに先ず頭が下がります。 たいへん几帳面なご性格でいらっしゃいますね。 私などひとつのことだけしか頭になく心が狭いです。。。 このところ天候不順な蒸し暑さに閉口しますが、こうして春の植物を思い出すとホッとしますね。
八重山吹は四季咲きかと思うほど近所で今も咲いています。 スイバの雄株雌株は蝶の食草ということもありなかなか興味深く私も収めました。
  1. 2009/08/03(月) 22:29:36 |
  2. URL |
  3. Jーママ #L6L1d2IA
  4. [ 編集 ]

hitakijo さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

そして、お忙しい中、わざわざ「昆虫道傳説」と合わせ、その双方ともにコメントを頂き、改めてありがとうございます。

今現在では見られるお花も限られてはいますが、整理しながらアップしていて、大変に懐かしいと言う気持ちとともにほんの少し前の光景ではと言う気持ちとが混在している様な感じの植物類たちです。

「昆虫道傳説」でも頂きましたが、ご自宅の裏手の公園ではかなり草刈り、剪定がされてしまったようですね。

その光景、実際に見たわけではないですが、何となく想像できるような、そんな感じがします。

アジサイさん、もう季節的には終わっているかなと言う感じでもありますが、確かに今現在でも咲いているお花がうちの行く所でも少ないながらもたまにいたりしますね。

その咲いているお花は大体において、下方にいるか、少し隠れたところにいると言うのがまた共通している事でもあります。

ハマスゲさん、やはり地下茎が生きていれば、その表面だけの草刈りではいなくなると言う事はないでしょうね。

これも素晴らしい生きる知恵かと思います。

うちもそう言えば、昨日に湿地状のところで見たような気がする種類です。
これに関しては調べている所ですが、カヤツリグサ科は興味があるものの大変に難しいと言うのが現在の印象で、撮っては調べての繰り返しです。
  1. 2009/08/05(水) 10:48:59 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

Jーママ さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

お言葉大変に恐縮の限りです。

最初は家でのサボテン類栽培での生長写真ばかり撮っていたものが、まわりを見渡すと鳥類が来ており、また昆虫類も多く、撮影対象がどんどん広がってしまい、今現在では生きものたちはどんな種類でも全て分け隔てする事なく撮影すると言う事になってしまっているのが現在の状況です。

またブログも今までは「野鳥道傳説」しかなく、そこに野鳥類から昆虫類、植物類、そして様々な生きものたちの写真をアップしてきました。

ただ、これではどうもあんばいが悪いと思っていたのと、また数年前にドメインを取った時から種類ごとのページ分割も計画していましたので、今回ようやくそれぞれのページを作ることが出来たというところです。

ただ、ページ分割をしたのは良いのですが、かえって更新が全く出来ずになっている状況、果たして良かったのかどうか、今ではちょっと疑問というところでもあります。

どちらにしても仕事の合間での趣味の段階ですから、時間がなければ仕方のない事でもあります。
出来るときに、地道にやっていきたいと思います。

ですから、お言葉ほどのことでもありません。
何となく、この様になったと言うのが実際のところです。

撮影に関しては反対に手を広げることなくするようにしています。
鳥類であれば鳥類に、昆虫類と植物類はセットになりますから、その時は鳥類は諦めてとか出来るだけ種類を絞って、専念する様にしています。

かなり前はどの種類もとレンズを取り替えては撮影をしていたのですが、どれも中途半端になってしまい、どうもあんばいが良くなく、数年前から行く場所、季節に応じて、専念する、ターゲットとする種類を決めて撮影する様にしました。

最近は更にそれが細かくなってきている状態で、昨日は昆虫類、植物類で静岡県磐田市の桶ヶ谷沼に行ってきましたが、主たるターゲットはトンボ類でその他の種類は半分諦めて撮影をしていきました。

どうも最近は同時にいくつもの事を考えている余裕がなくなってしまったと言うのも一つの原因ではないかと思っています。

さて、お天気ですが、なかなかすっきりとしたお天気には恵まれず、行く所の計画ばかりしているだけでなかなか実行をして行く事が出来ない状況です。

湿度の高いのは仕方がないことですが、やはりすっきりとした青空が広がったもとで撮影を楽しみたいものです。

今回の植物類は整理してアップしながら、懐かしいという気持ちとついほんの少し前の光景だったような気がするという気持ちとが混在しているような、そんな感じでした。

ヤエヤマブキさん、確かにそんな感じでもあるかの如くに冬以外ではお花を見たりしますね。
うちの行く所でもそれほど頻度は高くはないですが、お花が一輪だけ咲いていたりする事があります。

最近の気象、お天気にもよるのでしょうか、春に咲くお花のはずですが、不思議なものです。

スイバさん、確かにそうですね。
ベニシジミ君の食草ともなっていますね。
この場所では全域でスイバさんがかなり多くいますので、多分にしてベニシジミ君の個体数が多いのはここから来るのかも知れないと感じています。

ベニシジミ君、春先では50頭くらいとそれほどでもなかったのですが、春も深まった頃には見えるだけでも200頭以上、大変な個体数がいたのが印象的でもあります。

今現在では50頭ほどとそれほどでもありませんが、この場所とベニシジミ君、スイバさんは切っても切れない、そんな感じがします。

反対にベニシジミ君のもう一つの食草である、ギシギシさんはこの場所ではいないわけではないのですが、あまり見られません。
  1. 2009/08/05(水) 11:17:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

久しぶりですね

蝶の里公園、14回も通われるとはすごいですね。
オオイヌフグリ、このちいさな花の愛らしさは格別です。
タネツケバナ、ちいさな目立たない花で撮りづらいのですが、さすがにしっかり撮っておられますね。
クサイチゴ、懐かしいです。熟した赤い実、何粒か食べました。
子どもの頃の懐かしい味でした。
シジミバナ、向島百花園に咲き乱れていたのを思い出しました。
ユキヤナギと似ているようで全く異なった雰囲気の花ですよね。
この花大好きです。
  1. 2009/08/05(水) 22:18:44 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集 ]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

蝶の里公園、今シーズンは早春~晩秋まで通期その様子を見ていくと決めた場所でもありますし、昆虫類に関しては一番の気に入りの場所ですので、自ずと行く機会が多くなっている状況です。

これは出来るかどうかわかりませんが、目標として30回は足を運んで、その状況を見ていきたいと考えています。

また、こちらこそ大変にご無沙汰しておりました。
画像の整理や不明種調べが全く追いつかず、ブログもアップできなければ、皆様方のところにもお伺い出来ずの状態が続いておりました。

今後も同じような状況が続きますが、この夏は多少時間的にも余裕が出来そうですので、出来るだけ残っている多くの課題を片付けていきたいと思っています。

オオイヌノフグリさん、早春では個体数的にも色合い的にも一番目立つお花であると思います。
大変に小さいですが、反対に大変に存在感があるように感じます。

タネツケバナさん、こちらは湿地状態の場所では常連とも言える種類ですが、今まできちんと撮った覚えがありませんでしたので、今回何通りかの角度で撮影をしてみました。

その中で自分なりに一番良いと思った写真を掲載をしました。

クサイチゴさん、こちらも同じくきちんと撮った覚えがなく、今回撮影したものです。
この実、食べることが出来るのですか。
そう言った経験がないと言う事はやはり様々な点でマイナスであることは確かであると痛感します。

イチゴさんですから、それなりの酸味と甘さがあるのかと思うのですが、単なる想像に過ぎません。

シジミバナさん、このお花は貴殿のブログを拝見して、その直後にこの場所で会いましたので、すぐにそれと気が付いたあんばいです。

ユキヤナギさんとも遠目には似た感じもしますが、やはりちょっと近寄るとその雰囲気は全く別な感じがしました。

向島百花園、そう言えば今シーズンはまだ行っていません。
昨シーズンは良く足を運んだのですが、今シーズンは行くべき所が多くなってしまったと言うのも大きな理由の一つです。

そのうちに機会があるときに立ち寄ってみたいと思います。

カルガモ君の子供たちもかなり大きくなっているのではと思います。
  1. 2009/08/06(木) 03:03:43 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
植物類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。