植物道傳説

行く先々で出会った植物類を記していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蝶の里公園 (4月中旬編・2日目のうちその3)

今回は蝶の里公園、4月中旬編の2日目のうち、その3です。

この蝶の里公園には今シーズンで21回足を運んでいますが、画像整理、不明種調べが進まず、今回ようやく3回目に行った分のその3が整理できましたので、ここにアップするものです。

当日はおおむね晴れ模様でした。

機材は Canon EOS 1D Mark?+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20091103_p23.jpg


ジュウニヒトエさんです。
ここではどちらかと言いますと暗い林床に小さな群生を作って咲いていました。
全域でも個体数的には少なく、10株程度と言うところでした。


20091103_p16.jpg


フデリンドウさんです。
初めて会う種類でしたが、この少し前に八王子市の長池公園で1株だけ咲いていると言う情報から探しに行ったのですが、見付からずに諦めていたところ、この場所で偶然に出会いました。

暗い林床の散策路の斜面で落ち葉に埋もれていて、ようやくお花がお顔を出していたという感じで、良く見なければ見落とすところでした。



20091103_p25.jpg


ムラサキケマンさんです。
ここでは個体数はそれほど多くはないものの、全域で見られます。



20091103_p24.jpg


イチリンソウさんです。
前回も掲載しましたが、今回はほぼ真上から撮ってみました。



20091103_p22.jpg



セリバヒエンソウさんです。
こちらも前回掲載していますが、大変に多くの個体数がいますので、必然的に撮影枚数も多くなりました。



20091103_p21.jpg


ハルジオンさんです。
とかく見過ごされがちですが、そう言った種類にこそ、目をとめて良く見るべき、撮影すべきと思っています。
ヒメジョオンさんと並んでうちの好きな草本の1種でもあります。



20091103_p26.jpg


ツクシさんです。
このツクシさん、以前にお教えを頂いて、スギナさんの胞子茎であると教わりました。
この季節に特有の種でもありますが、この場所ではそれほど個体数を見る事はなく、数少ない個体数のうちの1個体です。



「その3」はこのあたりで、「4月中旬編」はここまでです。
昆虫類と同じくして、撮った写真はそれこそまだ多くありますが、掲載するのはほんの一部と言うところに過ぎません。
本当であれば、この季節の輝やく植物類を全て掲載したいところではありますが、なかなか難しいところでもあります。







  1. 2009/11/18(水) 21:16:26|
  2. 植物類
  3. | コメント:6
<<謹賀新年 | ホーム | 蝶の里公園 (4月中旬編・2日目のうちその2)>>

コメント

思い出の花々

ジュウニヒトエ、好きな花です。
静かで上品な佇まいがいいです。しべがとてもきれいに撮ってありますね。
フデリンドウはこの頃に咲くんですね。この子も独特の愛らしさがあります。
ムラサキケマン、撮る時期が遅くなって、とうとうアップできずに終わりました。
とてもきれいな個体ですね。
イチリンソウ、懐かしいです。あの頃、あちこちうろついてこの花を撮りました。
白い花はやっぱりいいですねぇ。
セリバヒエンソウ、この花の色が好きです。
中間色の目立たない色ですから、撮るのは難しいですね。でもさすがにしっかり撮っておられます。
ハルジオン、この花にはチョウがよく来ますね。
アオスジアゲハが熱心に吸蜜していたのが思い出されます。
ツクシは、子どもの頃たくさん摘んで、おひたしにしてもらって食べました。
はかまを取るのがとても大変でしたが、それは子どもの仕事でした。
  1. 2009/11/18(水) 22:40:44 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは今回の画像も素晴らしいですね。よしの88さんの喜びが伝わってきます。
・ジュウニヒトエ、素晴らしい花数ですね。明治神宮にもありますがこれほど立派ではありません。
・フデリンドウ、ついに見つけましたね。素晴らしい画像です。
・ムラサキケマン、良いですね。輝いています。
・イチリンソウ、良いアングルですね。まさに春ですね。
・ハルジオン、実に素晴らしいです。1番好きなアングルです。この花にはこのアングルが相応しいですね。
  1. 2009/11/18(水) 23:12:36 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お返事が大変に遅れ、いつもながらに誠に申し訳ありません。

そして、それぞれにご丁寧にご覧下さり、またお言葉も大変に恐縮です。

ジュウニヒトエさん、この時初めて会いました。
おっしゃる様にそのお名前の通りで「上品な佇まい」と言う言葉がぴったりという感じのしてくるお花ですね。

この場所では個体数は全域でも数えるほどで、また何故か全く目立たない場所にひっそりと咲いています。
いる場所には数株程度で全域で2ヶ所だけです。

フデリンドウさん、何とか会いたいと思っていたのですが、情報のあった、長池公園では見つけることが出来ず、諦めかけていたところでした。

この時はまさに偶然で数株程度でしたが、何とか写真に収める事が出来ました。

大変に小さく、また全く目立たない所にひっそりと咲いているという感じでした。

ムラサキケマンさん、ここでは特定の区域のみではありますが、大変に多くの個体数がいます。

特にこの季節は満開模様でしたので、多くモデルになってもらいました。

全体的に色合いが濃く、きれいな感じがします。

うちが別の所で見る、ムラサキケマンさんはもっと色合いが薄いように感じていたのですが、ちょっと違っていました。

イチリンソウさん、この場所でこの季節に前回初めてでしたが、一度で気に入ったお花です。
この場所では都幾川河川敷に近い場所だけにわずかですが、ニリンソウさんと一緒にいます。
この季節には行くたび、何度もこのお花を撮影した事が思い出され、記憶に新しい事です。

セリバヒエンソウさん、こちらも前回も掲載しましたが、やはり大変に個体数が多く、全域で満開模様でしたので、それだけに撮影する機会も大変に多かったと言う感じです。

確かに撮影するには少し難しい種類かと思いますが、それだけに実際はかなり多くの枚数を撮りました。

掲載したのはそのほんの一部でその他は殆どが失敗編の写真ばかりと言う感じでした。

ハルジオンさん、この季節は大変に目立って満開模様であったと記憶しています。

確かにアオスジアゲハ君やチョウ類が良く来ていますね。
ただ、不思議な事にこの場所ではアオスジアゲハ君を見掛けることが殆どありません。
アオスジアゲハ君に至っては、この場所よりも地元に近い方が多くの個体数がいると言う感じです。

今現在ではわずかながら、ヒメジョオンさんが所々で咲いている状態です。

ツクシさん、うちの中では何故か新鮮な感じ、春の訪れという感じのする種類です。

おひたしとは思いにもよりませんでしたが、その地域ごとに食物も文化も様々ですね。

はかまとは下に巻き付いている所でしょうか、きれいに取る、いわば剥がすと言う感じでしょうか、なかなか難しそうですね。
  1. 2009/11/23(月) 23:05:11 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お返事が大変に遅れ、いつもながらに誠に申し訳ありません。

そして、お言葉もそれぞれに大変に恐縮です。

本当にこの季節は素晴らしい季節です。
つたない写真からその思いが伝わるのであれば、大変にうれしい事でもあります。

ジュウニヒトエさん、この場所では全域でいるのは2ヶ所だけ、全く目立たない場所にひっそりと小さな群生を作って咲いています。
群生と言っても、数えるほど、数個体程度です。

明治神宮にもいるのですね。
うちの場合はここの他には長池公園でしかこのお花を見たことがありませんので、いわゆる、その規模的なものはまだ良くわかりません。
ただ、少なくともお聞きしている限りでは、どちらかと言いますとこの場所のジュウニヒトエさんは結構お花も多いと言うことのようですね。

この場所では、いる場所が大変に限られていますので、来シーズンもその動向を見ていきたいと思っています。

フデリンドウさん、今シーズンはダメだろうと諦めかけていたところにまさに偶然と言うところでした。

こちらも全く目立たない場所に落ち葉に埋もれていて、ひっそりと咲いている、お顔を出していると言う感じでした。

ムラサキケマンさん、この場所では特定の区域のみですが、個体数は大変に多く、満開模様でした。

うちが別の所で見る、ムラサキケマンさんよりも色合いが濃いような、そんな感じがする個体です。
色合いのメリハリもあり、大変にきれいでした。

イチリンソウさん、この場所でこの春に初めて会って、一度で気に入ったお花でもあります。

この場所では都幾川河川敷に近い場所だけにニリンソウさんと一緒に個体数は少ないながらも咲いています。

この場所に行くたびに毎回何度となく、撮影をしたことが思い出されます。

ハルジオンさん、とかく見過ごされがちではありますが、うちの好きなお花の一つでもあります。

角度的には様々に撮影をしますが、やはりこの角度が表情的にも一番良い様にうちも思います。

今現在ではヒメジョオンさんが所々で個体数は少ないながらも咲いている状況です。
  1. 2009/11/23(月) 23:45:51 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

こんばんは

ひっそりと咲くジュウ二ヒトエは上品なお花ですね。私もマクロ撮影してみました。
よしのさんは150ミリで?野草園で見るだけです。いまや強いアジュガにおされて自然道では少なくなりましたね。
ムラサキケマンは抜いても抜いても庭に生えてくる強い生命力を感じます。
お馴染みのハルジオン、私も大好きです。何故か子どものころの風景と重なり懐かしいお花です。それに今年もどれほどの種類の蝶の蜜源になったことでしょう!こちらでもこの寒さのなかヒメジオンが花を残しています。
↓で略してしまい失礼いたしました。散歩道のイモカタバミとウラナミシジミです。この組み合わせは今年初めて写しました。http://johnblog.blog25.fc2.com/blog-entry-652.html
  1. 2009/12/17(木) 18:03:25 |
  2. URL |
  3. Jーママ #L6L1d2IA
  4. [ 編集 ]

Jーママ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、ジュウニヒトエさん、確かにひっそりと咲くと言う言葉がまさにぴったりと言う感じのお花ですね。
ここでは、知っている限りでは、園内全域でも2箇所でしか見ることが出来ません。
そのそれぞれについても数株ほどの小群生で散策路際であるものの、少し奥まったような場所にいるために大変に気が付きにくいと申しますか、わかりにくい場所にいます。

1箇所は厳密に申しますと園内と畑地の境目でどちらかと言いますと畑地側に数株がいると言う感じです。
こちらも一般コースからは外れていますので、気が付きにくい場所とも言えそうです。

もう1箇所は散策路ではあるもののその先が行き止まりであるために一般にはあまり人間が入っていない場所であると言う感じの所です。
こちらも数株の小群生でその場所まで行って良く見ないとまず気が付きません。

そして、このもう1箇所については先日(23回目)に様子を見に行ったときに整備工事の一環で何かを設置している様でしたので、もしかしたらそのジュウニヒトエさんのいる貴重な場所が失われてしまう可能性が感じられました。
これに関しては嵐山町へと提言をしましたが、その返事は返って来ていない状況です。

整備工事とは言っても、一部の看板の位置が変わったり、道路からの入口の門扉(今までは壊されていたため)が新たに付けられたりと言うちょっとしたもので、大したことではないのですが、やはり様々な生きものたちがいる場所ですので、そのちょっとした事でも大きく影響し、また大変に気になるところでもあります。

また、マクロ撮影はいつも150mmで1.4×テレコンを使用しています。
焦点距離で言えば、210mmとなりますでしょうか。

アジュガさんと言う種類がいるのは初めて聞きました。
調べてみましたら、このジュウニヒトエさんによく似た感じですね。
もしかしたら、どこかで会っているかと思うのですが、それがどこだったか思い出せない状況です。

確かにこのジュウニヒトエさんはうちの知っている限りでは、この場所と長池公園(ここでも小群生がほんの1,2箇所と言う感じです)でしか会うことが出来ませんから、全体的に考えても、かなり個体数が少ないのではないかと言う感じがしてくるところです。

ムラサキケマンさん、うちの行くところでも良く見るのですが、多くの個体数がいる場所はそれほど多くはありません。
お庭にいるとのこと、良いですね。
やはり、強い生命力があるからこそ、生き残ることが出来る、自然界の掟のようなものですね。

ハルジオンさん、良く目にする種類ですが、意外と見落としているのではないかという感じがする種類です。
確かに多くのチョウ類が訪れていますし、他の昆虫類も多く見掛けます。
まさにこの季節の一番の人気種類ではないかと言う感じがします。

ヒメジョオンさんは先日でもまだお花の咲いている個体がいました。

また、わざわざありがとうございます。
イモカタバミさんとウラナミシジミ君、取り合わせがちょっと珍しく感じるところでもあります。
後日楽しみに拝見させていただきたく思います。
  1. 2009/12/20(日) 20:42:27 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
植物類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。