植物道傳説

行く先々で出会った植物類を記していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蝶の里公園 (4月中旬編・2日目のうちその3)

今回は蝶の里公園、4月中旬編の2日目のうち、その3です。

この蝶の里公園には今シーズンで21回足を運んでいますが、画像整理、不明種調べが進まず、今回ようやく3回目に行った分のその3が整理できましたので、ここにアップするものです。

当日はおおむね晴れ模様でした。

機材は Canon EOS 1D Mark?+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20091103_p23.jpg


ジュウニヒトエさんです。
ここではどちらかと言いますと暗い林床に小さな群生を作って咲いていました。
全域でも個体数的には少なく、10株程度と言うところでした。


20091103_p16.jpg


フデリンドウさんです。
初めて会う種類でしたが、この少し前に八王子市の長池公園で1株だけ咲いていると言う情報から探しに行ったのですが、見付からずに諦めていたところ、この場所で偶然に出会いました。

暗い林床の散策路の斜面で落ち葉に埋もれていて、ようやくお花がお顔を出していたという感じで、良く見なければ見落とすところでした。



20091103_p25.jpg


ムラサキケマンさんです。
ここでは個体数はそれほど多くはないものの、全域で見られます。



20091103_p24.jpg


イチリンソウさんです。
前回も掲載しましたが、今回はほぼ真上から撮ってみました。



20091103_p22.jpg



セリバヒエンソウさんです。
こちらも前回掲載していますが、大変に多くの個体数がいますので、必然的に撮影枚数も多くなりました。



20091103_p21.jpg


ハルジオンさんです。
とかく見過ごされがちですが、そう言った種類にこそ、目をとめて良く見るべき、撮影すべきと思っています。
ヒメジョオンさんと並んでうちの好きな草本の1種でもあります。



20091103_p26.jpg


ツクシさんです。
このツクシさん、以前にお教えを頂いて、スギナさんの胞子茎であると教わりました。
この季節に特有の種でもありますが、この場所ではそれほど個体数を見る事はなく、数少ない個体数のうちの1個体です。



「その3」はこのあたりで、「4月中旬編」はここまでです。
昆虫類と同じくして、撮った写真はそれこそまだ多くありますが、掲載するのはほんの一部と言うところに過ぎません。
本当であれば、この季節の輝やく植物類を全て掲載したいところではありますが、なかなか難しいところでもあります。







  1. 2009/11/18(水) 21:16:26|
  2. 植物類
  3. | コメント:6

蝶の里公園 (4月中旬編・2日目のうちその2)

今回は蝶の里公園、4月中旬編の2日目のうち、その2です。

この蝶の里公園には今シーズンで21回足を運んでいますが、画像整理、不明種調べが進まず、今回ようやく3回目に行った分のその2が整理できましたので、ここにアップするものです。

当日はおおむね晴れ模様でした。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20091103_p15.jpg


またまたうちにとっては、難しく苦手なスミレさんの種類です。
スミレさんの種類はまずはお花、側弁、葉の形、托葉などを総合的に判断しないとなかなか難しいと言う事を知りました。
これからは、お花、全体像、葉っぱの3種類をセットにして撮影する方法から、更に托葉なども増やして、撮影する様にしないといけないと感じました。
とは、言ってもこの季節ではもう遅いですので、来シーズンから新たに指針としたいと思います。

さて、それではこのスミレさんは誰かと申しますと、まずは全体像の写真から・・・
①葉っぱがヘラ状であったこと
②背がそれほど高くないこと

また、アップ写真から・・・
③側弁が有毛であること

などから判断して、スミレさん(何も付かない普通のスミレさんです)と思われます。
初めて会う種類でした。

ご覧になっている皆様方であれば、すぐにわかる事なのでしょうが、うちの場合は今後スミレさんの種類はこのいくつかの基本事項を元に見て行こうと思います。

「菅谷館西の郭」の開けた草原で小さな群生をいくつも作っていました。



20091103_p14.jpg


チガヤさんです。
毛状になったチガヤさんは良く見るのですが、こう言った状態のチガヤさんは初めてだと思います。



20091103_p13.jpg


ミミナグサさんです。
最初は良く会う、オランダミミナグサさんと思っていたのですが、良く見ると違っていました。
こちらも初めて会う種類でした。



20091103_p12.jpg


ヤエヤマブキさんです。
駐車場に着いて、まず真っ先に目に入る種類です。



20091103_p11.jpg


キツネノボタンさんです。
湿地入口に個体数はそれほど多くはないですが、必ずいます。



20091103_p20.jpg


イモカタバミさんです。
この季節ではどちらかと申しますと地味ではありますが、所々で咲いており、大変に目立ちました。



20091103_p19.jpg


カキドオシさんです。
この季節は全域で満開模様でもありました。



20091103_p18.jpg


ヘビイチゴさんです。

追記(2009年11月16日)

いつもお世話になっております、hitakijo さんからお教えを頂きました。
ヤブヘビイチゴさんです。
まだまだわかっているつもりが、ヘビイチゴさんとヤブヘビイチゴさん、迷ってしまいますが、基本からきちんとその特徴を覚えたいと思います。
いつも色々と誠にありがとうございます。



20091103_p17.jpg


アセビさんです。


その2はこのあたりで、その3に続きます。
植物類は様々に難しく、今回のスミレさんの例にもあるように、多角的に撮影をする必要性を強く感じた次第でもあります。
来シーズンからの指針ですが、間違いなくわかっている種類を除いては、お花・葉っぱ・全体像の3枚だけでなく、多角的に4枚5枚とセットにして撮影をしていく必要性がありそうです。







  1. 2009/11/11(水) 23:05:24|
  2. 植物類
  3. | コメント:6

蝶の里公園 (4月中旬編・2日目のうちその1)

今回は蝶の里公園、4月中旬編の2日目のその1です。

この蝶の里公園には今シーズンで20回足を運んでいますが、画像整理、不明種調べが進まず、今回ようやく3回目に行った分のその1が整理できましたので、ここにアップするものです。

当日はおおむね晴れ模様でした。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20091103_p09.jpg


この季節の主役で、満開模様でした。
カントウタンポポさんです。


20091103_p05.jpg


オオジシバリさんです。
開けた草地で所々ではありますが、咲いていました。
その時は気が付かなかったのですが、右の端にキュウリグサさんが写っていました。

追記(2009年11月9日)
写真の右の端に写っているのは、キュウリグサさんではなく、ハナイバナさんでした。
良く見て確認することなく記載してしまいました。
hitakijo さんからご指摘を頂きました。
いつも色々とありがとうございます。



20091103_p04.jpg


スミレさんですが、大変に色合いの薄い個体です。
スミレさんはどうも難しく、考えれば考えるほどわからなくなってくる様です。
現在は残念ながら不明種の状態です。

追記(11月16日)

いつもお世話になっております、hitakijo さんとJーママさんよりご教示を頂きました。
タチツボスミレさんとの事で、うちも現在ではおっしゃる通りであると感じております。
いつも色々と誠にありがとうございます。



20091103_p03.jpg


セリバヒエンソウさん、今回は遠目に撮ってみました。


20091103_p27.jpg


カラスノエンドウさんです。
その近似種のスズメノエンドウさん、そしてカスマグサさんも探すのですが、なかなか見掛ける機会がありません。



20091103_p28.jpg


スイバさんです。
この季節には大変に多く見られます。



20091103_p10.jpg


オニタビラコさんです。


20091103_p07.jpg


シジミバナさんです。
ここでは、「アゲハチョウの花園」と「ヒカゲチョウの広場」の2ヶ所にいます。
初めて会う種類でした。


20091103_p06.jpg


クサイチゴさんです。


4月中旬編、2日目のその1はこのあたりですが、この日は初春のお花が大変に多く見られました。

・・・・・引き続き、その2に続きます。







  1. 2009/11/03(火) 17:05:19|
  2. 植物類
  3. | コメント:8

蝶の里公園 (4月中旬編・1日目のうちその2)

今回は蝶の里公園、4月中旬編の1日目のその2です。

この蝶の里公園には今シーズンですでに20回足を運んでいますが、画像整理、不明種調べが進まず、今回ようやく今シーズン2回目に行った分のその2が整理できましたので、ここにアップするものです。

当日はおおむね晴れ模様でしたが、少し風の強い1日でもありました。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20090802_p14.jpg


ツルニチニチソウさんです。
キキョウさんにも似た感じがしますが、五角形の造形は何とも幾何学的です。
科もキョウチクトウ科と違うようです。


20090802_p13.jpg


うちの行く場所としていくつかの場所がありますが、ここに行く少し前に長池公園でこのフデリンドウさんが咲いているという情報を元に探してみましたが、結局わからないままでした。
来シーズンのお楽しみになるかなと思っていた矢先、この場所で偶然に初めて出会いました。

ここでは散策路の斜面の部分で落ち葉に埋もれて、かろうじてお顔が見える程度で、咲いていたのも2株ほどであったと記憶しています。

まさに偶然とは言え、嬉しい出会いでした。


20090802_p12.jpg


こちらも初めてでしたが、スミレ類はいくら調べても大変に難しく感じます。
「菅谷館跡西の郭」と「林間駐車場」の間の湿地部分でいくらかまとまって咲いていました。
ツボスミレさんかと思われますが、更に調べてみたいと思います。
ツボスミレさんであれば、初めて会う種類でした。


20090802_p17.jpg


このお花、ここでは「ミドリシジミの草地」をはじめ、大変に多く咲いています。
しかし、お名前となるとその撮った当時は知っていたと思うのですが、思い出せずにいます。
調べてみてもなかなか出てきません。
一応「保留」と言う事で、そのうち思い出すのではないかと思います。
しかしながら、実際はこの時初めて会った種類でもありました。

追記
hitakijoさんからお教えを頂きました。
そうです、思い出しました。セリバヒエンソウさんでした。
いつも色々とありがとうございます。



20090802_p16.jpg


カラスノエンドウさんです。
やはりこの季節には全域で多く見られました。


20090802_p20.jpg


イチリンソウさんです。
こちらは都幾川河川敷に近い、「ホタルの里」の出口付近にニリンソウさんと一緒に咲いていました。
イチリンソウさんも偶然ではありましたが、初めて会った種類でした。


20090802_p19.jpg


こちらも少し迷った個体です。
タチツボスミレさんかと思いきや、葉っぱの形に違和感があり、どうもオオタチツボスミレさんと言う感じがしてきました。
しかし、確証はありませんので、更に調べて行きたいと思います。
この種類は大変に難しく感じます。
やはり、初めて会う種類となりそうです。


20090802_p18.jpg


ナズナさんです。
「菅谷館跡西の郭」と「林間駐車場」の間の湿地部分に咲いていました。


20090802_p22.jpg


クサノオウさんです。
ここでは全域で見られますが、個体数は決して多くはありません。


20090802_p21.jpg


ニリンソウさんです。
先のイチリンソウさんと同じ場所に咲いていました。

その2はこれくらいで4月中旬編の1日目も以上ですが、春先のお花が全域で大変に多く見られたのが収穫だったと思います。
植物類に関しても昆虫類と同じく、春先に専念して見るのは初めてで、新しい発見も多くあったと思います。







  1. 2009/10/18(日) 21:35:58|
  2. 植物類
  3. | コメント:4

蝶の里公園 (4月中旬編・1日目のうちその1)

今回は蝶の里公園、4月中旬編の1日目のその1です。

この蝶の里公園には今シーズンですでに14回足を運んでいますが、画像整理、不明種調べが進まず、今回ようやく今シーズン2回目に行った分が整理できましたので、ここにアップするものです。

当日はおおむね晴れ模様でしたが、少し風の強い1日でもありました。
掲載枚数が20枚以上ありますので、2回に分けて掲載しようと思います。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20090802_p01.jpg


この季節の主役はカントウタンポポさんでした。
園内の全域でほぼ満開模様でした。


20090802_p02.jpg


タンポポさんと並んで目立ったのは、オオイヌノフグリさんでした。
カキドオシさん、ヒメオドリコソウさんと並んで、満開模様でした。


20090802_p05.jpg


湿地部分でタネツケバナさんです。


20090802_p04.jpg


ヤエヤマブキさんです。
特に駐車場付近に多く咲いていて、ここではいつも一番最初に目にするお花です。


20090802_p03.jpg


スイバさんです。
ここでは園内全域で良く見られます。


20090802_p08.jpg


オニタビラコさんです。
見たことはあるのかと思うのですが、実際に意識して撮影したのは初めてのような気がしますので、初めて会う種類となるのかも知れません。


20090802_p07.jpg


スズメノヤリさんです。
かなりお花が咲いてきました。


20090802_p06.jpg


こちらもちょっと迷ったのですが、クサイチゴさんの様です。
やはり意識して撮ったのは初めての種類です。


20090802_p10.jpg


ボケさんのお花がこの時期は大変に目立っていました。


20090802_p09.jpg


こちらに関しては写真では葉っぱが写っていませんが、別に葉っぱの写真も撮ってありました。
葉っぱが丸くて短い形状でしたので、ジシバリさんと言う事になります。
結構背が高かったように記憶していますので、危うく間違えるところでした。


20090802_p11.jpg


キツネノボタンさんです。
湿地部分に咲いていました。


20090802_p15.jpg


シジミバナさんです。
いつもお世話になっている方のブログで見たことがあり、すぐにそれと気が付きました。
初めて会う種類になります。

1日目のその1はこのあたりですが、次回はその2に続きます。







  1. 2009/08/02(日) 18:21:09|
  2. 植物類
  3. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
植物類 (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。